エニアグラム性格診断・心理分析

このホームページはホームページ制作・WEBデザイン会社オフィスローズhttp://www.office-rose.com/が作りました。
エニアグラム9つの性格(女性偏)

 先ほどのページでは、男性・女性に共通する部分をまとめていましたが、こちらのページではさらに
  ジェンダー(性別)による特有の性格の特徴をまとめてみました。  
項目 内容説明 相性
  ◆女性の性格◆
タイプ1の
女性の性格
 タイプ1は時間を全て建設的なことに使いたいと願っており、一度決めたことは最後までやり遂げようとする。理想が高く、勤勉で向上心に溢れていおり、常に自分を成長させ理想の自分に近づけようと頑張っている。真面目で責任感が強く、いつも一生懸命な努力家。やることも丁寧でミスや抜けがなく、完璧を目指す。倫理的道徳的で人一倍正義感が強く、何事もよいか悪いかの基準で判断しようとする。不正やずるいこと、いい加減なことが嫌いで、自分は正しいといつも思っている。子供時代は優等生タイプだった人が多い筈。人には誰に対しても平等公平に接し、人当たりが良く仲間と愉快に過ごすことも好き。友人にとっても頼りになる存在であることが多い。
  一方、その完璧さゆえ他人に対しては不寛容で、自分に厳しい以上に他人に厳しいところがあり、人の小さなミスも許せず、温かく人を受け容れるということができない。自分が一番正しいと思い込んでいるので、独りよがりの正義感を振りかざし、まるで自分が裁判官にでもなったように、他人を裁くことがある。そのくせ、自分に対するこだわりが強く、自分への批判には敏感で、自分は完璧ではない、理想の自分ではないとしばしば落ち込み憤慨し、心の中で自分に対していつも欲求不満を抱えている。特に他者との比較の中で自分の不完全さを意識すると、嫉妬や反感、怒りや苛立ちの要因となるので、人を褒めることは苦手である。また、現実に対して不平不満を抱き、過去に対するこだわりも強いので、発想が後ろ向きで中々物事を前に進めることができない。
  しかしながら、その内面の怒りを抑えようとするところがあり、顔はニコニコで心はイライラという傾向がある。ゆえにストレスを貯め勝ちとなるが、耐え切れないほど溜まってしまうと、ヒステリー状態で激しく怒りを爆発させ、相手を戸惑わせることになる。 
 結婚後のタイプ1は、家事も育児も全てをきちんとし、いつでも忙しくしている。家族に対してはやや干渉が多く、口うるさくなるので、家庭をくつろいだものにすることが苦手となるだろう。
  タイプ1には適当なところで気分転換し、やるべきことの優先順位を決めて時間配分を考えるとよい。そして他人の欠点を許し、相手のよさを認め受け容れてあげる努力や、自分の欠点も認めありのままの自分をパートナーに愛してもらうと幸せになれる。口に出して人をほめるようにすると、人間関係は大幅にスムーズにいくようになる。 
 
タイプ2の
女性の性格
 タイプ2は、他者に欠かせない存在となることで、愛され歓迎されようと願うタイプ。親切で感受性が豊かで、温かな印象を与える。サービス精神が旺盛で、他人を喜ばすことに全エネルギーを投入できる天性の才能がある。タイプ2は自分のことよりもまず第一に、他人の必要(ニーズ)を気遣い心配し、他人を助け愛と友情を大切にする。人の世話をしたり、人を育てることに生き甲斐を感じる。自分が他人とうまく係われたことで生き甲斐や達成感を感じ、他人に必要とされ相手から「ありがとう」と感謝の気持ちを示され、"私がいなければこうはうまく行かなかった"と実感するときが至福の時なのである。
  しかしタイプ2は、相手から感謝もされず御礼も言われないと不満を覚え、相手が自分を必要としていないと感じると落ち込む。タイプ2にとって必要なのは、高慢ちきな同情心を捨て、見返りを期待しない無償の心を心がけることなのである。また、タイプ2には、他人の好意や愛を渇望しているにも係わらず、他人の必要を認めたがらないという囚われがあり、他人に合わせ過ぎて自分を失いやすい。時に度を越した親切さを示し、お節介で押し付けがましくなる。
 恋愛・結婚生活においては、タイプ2はパートナーとの特別な心の絆を求め、恋人には自分の全てを知ってほしいし受け容れてほしいと望み、恋人同士になると愛する者には全てを与えたいと願う。サービス精神があり、献身的な愛を好み、パートナーを喜ばせることに長けているタイプ2は、多くの場合異性には魅力的に映り、好意を持った相手には笑顔と優しさを持って積極的に自分の思いをきちんと表現するので、往々にして恋人をつくることが得意である。ただし、パートナーが甘えるばかりで感謝の念を示さないと、タイプ2は不満を覚え相手に合わせることに疲れを感じ、"自分は利用されている"という思いから怒りを感じる。
 タイプ2の望む理想のパートナーは、常に自分よりちょっと上にいてくれる相手で、上昇志向があり目標を持っている相手なら、その夢を叶えるために一緒に努力し、援助や助言を惜しまない。しかし、タイプ2はパートナーに同化し易く、障害のある恋に夢中になり易いので、相手が不誠実な場合には身も心も傷つく可能性があるので、自分なりの価値観を育てて、相手をしっかり見極め自分にふさわしいパートナーを選択する必要がある。また、八方美人で、結局誰とも深い関係が築けず、愛に飢えたような状態になってしまうこともある。
  相思相愛のパートナーと結婚すると、誰にも負けない温かい家庭を作ろうと努力し、夫や子供に快適な環境を作ってあげようとする。但し、独占欲が強く、過保護過干渉となり、夫や子供を管理しようとする傾向がある。
タイプ2の気になる人との相性は?
タイプ3の
女性の性格
 効率を重視し上手に成功をものにするタイプ3は、女性であってもやり手と評価されることが多いと言える。現実的で野心的、向上心や上昇志向が強く、負けず嫌いであることはタイプ3に共通しており、女性らしさにはやや欠けるが、頼りになる存在である。くよくよせず周囲の人をも情熱的にし、活気のある雰囲気を作ることができるので、多くの場合グループのよきリーダーとして支持される。タイプ3が目指すのは社会的な成功で、それに向かって具体的な目標を設定し、達成するために積極的に努力する。行動はテキパキしていて無駄がなく、現実に即して臨機応変の態度が取れる。スケジュール表には予定がぎっしり詰まっていて、いつもアクティブに行動しているはず。何もしない時間がぽっかり空くことを恐れ、仕事熱心を通り越してワーカホリックになりやすい。
 タイプ3は幼少の頃から親や周囲の期待に応えるよう努力し、人から注目を浴び、自分の実力を認められ、褒められることによって、愛情を勝ち取れるという信念を得てきた。だから自分のことが評価されない時や、ライバルに負けて人より優位に立てない時には、非常にストレスを感じる。自分をもっと輝かせたいと、理想的な自分のイメージに近づくためにひたすら努力をするが、だからといってこつこつ努力するところを他人に見られたくはないと思っている。他人の期待に合わせて演技をしたり、自分を実際以上のものに見せようと見栄を張り、ありのままの自分を出せずに、自分も他人もごまかしているようなところがある。目的のためには手段を選ばず、自分を有利にするために他人を欺き、嘘をついたり、友達を裏切ったり、平気で他人の着想や業績を盗用することもある。
 タイプ3にとって重要なのは実績や能力であり、肩書きや地位、名声、お金、外見的な魅力といった、極めて物質的な成功を求める。だからパートナーに望むのも、容姿のよさや能力、実績、地位などの社会的な要素のことが多い。えてして感情というものは効率性を妨げる存在と考え、自分の感情を二の次にしてしまうところがある。故に、自分の心のバランスを崩したくないので、失敗する可能性のある恋愛や仕事を避ける傾向にある。恋愛においても相手に対して理想的な恋人の演技をしがちで、自分の思いを相手に表現することが苦手で、自分をさらけ出せない。恋愛が進むにつれて仕事の方を優先したりして、パートナーに冷たい女だと感じさせることがある。そんなタイプ3も、理屈抜きに相手に惚れると、自分の感情と向き合うことになり混乱してしまう。タイプ3の多くはキャリア志向で専業主婦になることを好まず、結婚をしても子供も育て仕事も第一線で続けるスーパーレディが多い。一方恋や家庭に目標を見出したタイプ3は、愛情深いパートナーになろうと一所懸命になり、夫や子供の業績、成績アップにエネルギーを傾注する。
タイプ3の気になる人との相性は?
タイプ4の
女性の性格
 タイプ4は感受性が豊かで、繊細で様々なことに敏感である。上品な趣味やセンス、優雅な立ち居振る舞いを心がけ、おしゃれな人という印象を与える。外見はちょっとお高くとまった感じだが、打ち解ければ率直で誠実であろうとするので、魅力的な人柄と評価される。象徴的な表現が巧みで、常に平凡さを避け、独創的であろうとし、自分が特別な人間であることを主張しようとする。人間関係でも深い交際を好み、月並みな交際を軽視する傾向にある。詩的、芸術的な感性が育ち、そうした分野で活躍する人も少なくない。タイプ4は他者から特別な存在だと言われると何よりも喜ぶ。しかし理解されにくいという思いから警戒感も強く、ありのままの自分を表現することに憧れていながら、他者が自分の内面まで入り込むことは拒否する悪い癖がある。また自由を束縛されることを極端に嫌い、そこから逃げ出したい気分になる。その一方で多くの人と強い心の絆を持ちたいという願望もあり、他人の心を引き付けることに非常な情熱を燃やす。また、タイプ4のもう一つの特徴は、現状・現在に満足することが苦手な点。理想を求めるあまりに、現実に満足できず、常に欲求不満を感じ、恋愛や結婚生活などを維持するための障害となる傾向がある。
  タイプ4が恋人に求めるのは、相手の過去のどんな関係とも違う特別な結びつきだが、自尊心の低いタイプ4は、近づき過ぎて相手から自分の嫌な面が見え、パートナーが自分から去って行くのを怖れている。だから、タイプ4はある程度相手との距離を保ち、お互いの嫌な部分を見ずに、よい面がはっきり見え、愛情を保ち感情や考え方が混乱しないでいられる距離を保とうとする。それがタイプ4が、パートナーとの互いの興味と期待感を維持し、プレッシャーを感じないで済む距離なのである。これは、愛が深まる可能性と立ち去られる不安感が、表裏一体の関係になっているタイプ4の特性で、失うことを恐がるゆえに、自分の方から拒絶できるポジションを確保しようとしているのである。タイプ4の恋愛関係には緊張感が必要なのである。
  恋愛が安定した段階でパートナーに求めるのは、自分への理解。自分の気ままさやユニークさ、感情の起伏の激しさなど、全てを受け入れて欲しいと願う。そんなタイプ4との関係は、二人の目標を持つと長続きする。相互の努力が何かの感動をもたらすものになると感じれば、タイプ4にとっては特別なパートナーになるのである。自由を束縛せず、感情的になっても過剰な反応はせず、最後まで穏やかに耳を傾けてあげよう。特別な存在だと感じさせてあげるためには、タイプ4を誉めて誉めすぎるということはない。また、二人の目標を持つと、タイプ4との関係はもっと長続きするだろう。
タイプ4の気になる人との相性は?
タイプ5の
女性の性格
 常に知的であろうとし冷静なタイプ5は、周囲の状況に左右されることなく、いつも適切な判断ができる。理解力も高く、相手の言葉だけでなく、しぐさや表情などからもさまざまな情報を取り込む。感情的に動揺することが嫌いなので、自分の気持ちと直接向かい合わない癖をつけている。プライバシーを明かすことを嫌い、思いを表現することが苦手なタイプ5にとって、恋人は唯一心を通じ合わせることのできる相手として重視する。ふれあいを必要としないかに見えるタイプ5も、それを求めずには生きていけないからである。タイプ5は、明るさや強さ、きらびやかさを持った存在に引かれる場合もあるが、安定した関係になるのは、やはり自分が無理をせず居られる相手ということになる。タイプ5は煩わしさを警戒するので、恋愛でも無理はしたくないと思っている。
  口数が少なく物静かなタイプ5は、思いを表情に出さないので、何を考えているか計ることが難しく、こちらがよかれと思ってやったことでも、大した感動を示さず張り合いがないと感じる。が、誠実で嘘や裏表がなく、頭の回転が速いといった様々な長所を持っており、束縛したりうるさいことを言ったりはしないので、コミュニケーションさえうまく取れれば、よいパートナーと言える。自分の感情とともに相手の感情に配慮することが苦手なタイプ5は、その雰囲気とは裏腹に冷静で厳しい決断をすることができる。そうした姿は、客観的で頼もしいものにも映るし、人の気持ちを思いやれない冷淡さにも映る。
 タイプ5のコミュニケーションの特色として、ひとつのテーマをきちんと考えて整理しないと先に進めないという点があげられる。面と向かっての会話より電話、電話より電子メールを好む。感情的な話題、愛情に関する話題は、好きな相手とでも苦手。どのようなテーマの会話でも、なるべく論理的に進め、具体性を心がけるようにすれば、タイプ5は安心して話ができる。またひとりの時間をあげることも必要なことである。
タイプ5の気になる人との相性は?
タイプ6の
女性の性格
 タイプ6は信頼のできる人柄である。日常的なタイプ6の願望は、目立たずきちんと責任を果たすこと。勉強も、仕事も、服装も、生活もきちんとしていたいと思っている。目立つことを嫌い、不安や疑念を抱えるタイプ6は、自分を楽観的に評価することができないので、引っ込み思案で相当な思いがないと、愛の告白はできない。根拠もなく自信を持つことはなく、自分の話をしっかり聞いてくれる人、安心して会話ができる相手をじっと待つのが基本姿勢。恋人を作るには時間がかかるだろう。タイプ6にとって、パートナーに必要なのは誠実さや責任感。長い時間の中で信頼感が芽生えれば、疑念も薄らぎ、自分の弱点を見せることもでき、交際を開始することができる。
 厄介なことに、タイプ6は、信頼することで却って不安感を募らせる癖がある。相手を深く理解しようとして、相手を問い詰めたり疑ったりすることが多くなるが、それはタイプ6にとっては、信頼の証であり愛情表現の一つである。パートナーは石橋をたたいても渡らないタイプ6の姿勢に、うんざりさせられることも少なくない。物事を決断して前に進むことが苦手である。明るい将来の展望を疑い、楽しむことが苦手なのも、タイプ6の悪い癖である。結婚というもの自体を過大な存在と感じるが、結婚相手にふさわしいと信頼できるパートナーと出会い結婚すれば、タイプ6にとって結婚は精神安定剤となり、夫の幸福を第一に考え、夫好みの女性になろうと努力し、よき妻・愛情深い母親になるが、否定的で疑念的な姿勢は変わらない。
 タイプ6がより輝くためには、否定的な状況においても、プラスの結論を導き出す習慣を持つことだ。少しでも疑念があると前へ進むことができなくなるが、プラス面に目を向けて、「うまくいきそうだ」といったことを自分に言い聞かせて前に進んでみることである。安全への願望によって、自分やパートナーのチャンスをつぶすことはやめた方がいい。過剰反応をせず、自分が思っているほど状況が深刻なことは殆どないことを常に自分に言い聞かせよう。
  タイプ6の最大の関心事は「信頼できるかどうか」であるので、タイプ6に問い詰められた時は、これを否定と捕らず、愛情表現として対応すること。誠実さや愛情の言葉を繰り返し聞かせ一貫性を持って接することが大切である。最悪のことになっても一緒に解決しようという建設的な意見を言ってあげるといい。タイプ6に意思を伝えるにはなるべく筋道を立てて話すこと。
    タイプ6の気になる人との相性は?
タイプ7の
女性の性格
 タイプ7は、万時に楽観主義的で楽しいことを好む元気者のタイプ。底抜けに陽気なナルシストというのがタイプ7の共通イメージである。人生の良い面を見つめながら快適に生きていきたいと願っている。人生の中に多くの楽しさを発見する能力を持っており、その楽しさをアイディアとして提案したり、色々な計画を立てることで実現しようとする。独立心があり、何でも自分でやりたがるタイプ7は、欲張りで魅力的なものを全て手に入れたいという願望がある。しかしながら、常に新しいことに興味を持ちアイデアを出すが、興味の持続が苦手で、一つのことを成し遂げることが中々できない。やりかけた仕事や読みかけの本が沢山ある。また苦しさを避け、悲しいことや辛いことには無意識にふたをする傾向にある。
  タイプ7が恋人にする相手は、多くの場合自分の選んだ相手である。相手が自分に好意を持ってくれるかどうかより、自分が好意や愛情を抱けることが重要なのだ。天真爛漫で明るく屈託のないタイプ7を好む異性は多いが、拘束されたり否定されることが嫌いで、独占欲が強すぎると逃げたくなる。タイプ7にとって恋愛は、楽しいものでなければならず、一緒に何かをしたり楽しい会話をすることが大切と感じている。タイプ7は、苦楽を共にするということの価値を自覚して、一人の価値あるパートナーと長期的に交際することによって、満ち足りた関係が手に入るということを知ることが大切である。相手のペースに合わせた行動を常に考えることで、一人の価値あるパートナーと長期的に交際することを心がけなければならない。人が自分を大切にしてくれることはとても価値があるということに気づかなければならない。気の多いタイプ7も、この人ならと思えるパートナーに出会えれば、しっかりと愛情を育てていくことができる。 多くの場合タイプ7の結婚生活はカラッと明るいものになるが、結婚後理想と現実が大きく食い違っても、持ち前の楽観主意を生かして、多少しんどくても自分の手で現実を理想に近づけていく努力が必要だ。
 タイプ7にはあくまでも肯定的な姿勢でいること。「非現実だ」とか「詰めが甘い」といった非難をしない方がいいでしょう。逆にタイプ7の肯定的な返事は真に受けず、その真意を探ることが得策だ。タイプ7は楽しい会話をひたすら望んでいます。上手な聞き役になって、タイプ7の話に適切な合いの手を入れてあげよう。飽きっぽいタイプ7と長続きするためには、雰囲気を時々変えて、多様性や変化を見せるとよい。
タイプ7の気になる人との相性は?
タイプ8の
女性の性格
 活力に溢れ、障害にひるむことのないタイプ8は、責任を全うする頼りがいのある人。保身的な態度を嫌い、正義を重視し、正直であけっぴろげなので本音でつき合える人である。どんなに険しく長い道でも歩き続けられる並外れたエネルギーを持っている。いわゆる姉御肌で、周囲はタイプ8に自然にリーダーシップを期待するようになる。タイプ8は、内面の弱さを隠し、自分の強さを誇示して、周囲からの攻撃や侵略に対して戦闘モードに入る心の準備をしている。中途半端が嫌いで、白黒をつけたり、善悪を決めたりしようとする姿勢は、タイプ8の共通点である。タイプ8は、自分の領土や縄張りを持ち、その中では常に自分は支配者でありたいという願望を持っている。とにかく、他人に左右されることを嫌い、周囲が自分の生活に及ぼす影響を最小限にしたいと願っている。それゆえに、タイプ8は恋愛においても、相手の愛情に依存することに戸惑いを感じる。逆に、弱者や誠実さを持って頼ってきた人には、支え、守り、励ましたいという思いを強く持つ。
  多くの男性は、タイプ8の強さや自信、主張といったものに引かれる。タイプ8もそこが自分の魅力だと知っているので、逆に強くないと愛されないと思い、反対することや喧嘩を売ることでパートナーに力を示そうとする。親しい人ほどけんか腰になり、相手を怯えさせたり困らせたりするのはタイプ8の問題点である。許せない他者とも対立するが、親しい人間にも愛情表現としての喧嘩を売る。喧嘩をしながら相手の本心を探ろうとするところがある。また、自分の弱さを表に出したくないタイプ8は、苦しい顔は見せたくないと「大丈夫」というやせ我慢をすることがあり、パートナーにはこれが"可愛げがない"と映る場合も多い。えてして、タイプ8の女性は、衝突を避けるために自分より弱い相手をパートナーにすることが多いが、反面自分に屈しないような強いパートナーを求めているところもある。尊敬の念を抱いた相手に、タイプ8は自分の心の中の多くのスペースを用意する。タイプ8にとって、素晴らしい恋愛とは、パートナーが自分の一部になった時なのである。
  恋をしながらも独りで生きていく傾向が強いタイプ8だが、結婚すると家庭という領土を守る意識も強く、夫が人生を戦い抜くパートナーであれば、小さな対立を続けえながらも満ち足りた結婚生活となる。タイプ8の結婚生活がうまくいくかいかないかは、全て自分の激しさをいかにコントロールするかにかかっている。怒りが高まってきたらその話題を一旦中断するとか、パートナーの言葉に対して「全くその通り」「本当にそうよね」といった同意の言葉を心がけることが、コミュニケーションの潤滑油になる。
 タイプ8との交流では、相手の激しい表現とどうつき合うかがポイントとなる。怒りの表明には過剰反応しないことが望ましい。タイプ8の怒りは一旦表に出してしまえば引きずることがないからだ。非難せずに、相手の心が安定している時に自分の弱さや傷つきやすさを訴えることである。またタイプ8はせっかちで独断的なので、しばしば相手の言葉を早合点したり勘違いしたりする。思い込みにならない内に自分の真意がきちんと伝わったかどうかをいつも確認する方が無難である。
タイプ8の気になる人との相性は?
タイプ9の
女性の性格
 タイプ9は落ち着いていて人当たりがよく、一緒にいる人の気持ちを和ませる。自分の主義主張を通すより調和を保つことを重視し、誰に対しても分け隔てなく接し、話も億劫がらずに聞く。ゆえに、揉め事があるとタイプ9は仲裁役や調停役をさせられることが多い。相手の気持ちや望みを感覚的につかむ能力があり、それに同化するので、自分より相手の望みを優先する。タイプ9の囚われは、自分の欲求を軽視し、人との葛藤を避けることなのである。自分の意思や考えには目を向けないので、自分の意見を言うことが苦手で、優先順位をつけるのが苦手という弊害がある。また、他人に合わせることに抵抗がない反面、もっとも頑固なタイプでもある。気分が乗らなければ動こうとせず、何もしないという抵抗を試みるのだ。決断には時間がかかるが、一旦意見が決まると簡単には変えない。
 タイプ9の女性が男性に惹かれると、全てを相手に合わせようとする。相手の願望を優先し、相手に同化することで愛情を表現しようとする。それはタイプ9の愛情のごく自然な表現方法で駆け引きではない。しかし、タイプ9の誰のことも理解できるといった感覚は、えてして優柔不断につながり、男性からの申し出を断れず、複数の男性から同時にアタックされると誰をえらんでいいかわからなくなり、結局は最も強引で押しの強いタイプの愛情を受け容れるケースが多い。一旦パートナーになると、タイプ9はパートナーとの同化を本格化し、パートナーの幸せを自分の幸せであり、パートナーの苦しみを自分の苦しみと感じる。恋愛関係において、見返りを期待しないでパートナーに思いやりを持ち共感できる点が、タイプ9の魅力である。しかし、パートナーに多くを望まないタイプ9は時に都合のよい恋人になりがちで、意思表示のなさがパートナーをいらいらさせてしまうことも多い。別れ話も苦手で、自分から恋愛関係を切ることができずに、惰性で関係を続けることが多い。別れを告げられた場合は、身を切られるような思いを味わう。タイプ9にとっては、怒りなどの感情を努めて表に出し、多少大げさなくらいに愛情表現をする方がいい。よくも悪くも相手で変わるので、積極的に恋をして家族を持つのが望ましい。結婚したタイプ9は、おおらかでほんわかとした家庭を作る。夫に小言を言われながら、のんきに結婚生活を楽しむというのが、タイプ9の典型的なスタイルである。
 自己主張の苦手なタイプ9だが、無口より少しおしゃべりなくらいの反応の活発な相手を好きになる。一緒にいて活気づくことができるからだ。タイプ9の人に認められたいという思いは非常に強く、良い関係を保つには誉めることが効果的である。タイプ9とは二人でテーマの優先順位を決め、二人でこなしていくのが望ましいだろう。また、タイプ9は不満を溜め込んでも怒ることが苦手なので、怒りの表明を手伝ってあげることも必要である。
タイプ9の気になる人との相性は?


参考文献    サイトマップ   プロフィール    メール    トップページ
社会人サークル アリスト 飲み会・食事会・アウトドア・スポーツエベントなどで自然な出会い
社会人サークルの飲み会、食事会、アウトドアイベント、オフ会を毎月関西・関東 大阪・東京・名古屋で開催
婚活パーティー・お見合いパーティーのロイヤルパーティー
「婚活パーティー」「お見合いパーティー」を開催し、恋人・結婚お相手探しの社会人独身男女を応援するロイヤルパーティ。
異業種交流会開催 クロスレジェンド
人脈を広げてビジネスチャンス・ビジネス情報を交換する異業種交流会を大阪・神戸・東京で毎月開催します。
街コンで恋活・婚活!街コン アレックス
出会い・グルメ・地域活性化をテーマに「街」という大きなスケールで行われる大規模な合コン・コンパを紹介します!