エニアグラム性格診断・心理分析

このホームページはホームページ制作・WEBデザイン会社オフィスローズhttp://www.office-rose.com/が作りました。

■エピソード 〜プレゼントを渡したとき〜


 あなたには今結構気に入っている人がいて、あなたはその人と恋人同士になりたいと感じています。
 その人とは、二人で食事をしたりして、互いに惹かれ合っているはずですが、恋人と言えるほど親密な
 関係ではありません。さて、その人の誕生日の日、あなたはあれこれと考えて、喜んでもらえそうなプレ
 ゼントを買い、仕事の後に会って手渡しました。しかし相手は、お礼を言いながらも、どうもそのプレゼ
 ントが意外だったようです。そのときあなたは、どんな思いを抱き、どんな言動をするでしょう?

エピソードの主人公になったつもりで、少し具体的に考えてみてください。すぐに喜びを表してくれない
相手の反応が嬉しくないことは誰でも共通しているでしょうが、人によって様々な思いを抱くはずです。
次に9人の人の言葉を紹介します。この中のどの思いや言動があなたに最も近いでしょうか?


【タイプ1】 :まず、"ああ、失敗しちゃったかな"と思います。"私って何かまずいことをしたのかしら"と思います。自分の判断力の無さに少し苛立ちますが、少しすると、こちらの思いを理解してくれなかった相手にも不満を感じるでしょう。そんな思いを悟られまいとしますが、表情に出てしまうかも知れません。
【タイプ2】 :まず"あれ、そんなはずないのに・・"と思うでしょう。相手の趣味などをいろいろと考えて選んだものだから、気に入ってくれないはずがないからです。でも何だか気に入っていないようなので、できればもう一度プレゼントをしたいと思います。自分のしたことを気に入ってもらえないのは、とても辛いからです。
【タイプ3】 :まず"突然でびっくりしてるんだろう"と思います。そして、多分恥ずかしがっているのだろうと思うでしょう。相手の希望を確かめないで悪かったけれど、似合いそうなものを一生懸命選んだと、自分の気持ちを伝えます。こういうことで相手の愛情を疑うことはないと思います。
【タイプ4】 :表情が一瞬こわばり、結構がっかりします。私が好きなら、私のプレゼントをすごく喜んでくれるはずだから、たいした愛情を持っていないのかも知れないと思うからです。私に好意を持っていると感じたのは私の勘違いで、私のことを本当は好きじゃないんだと思い、かなり落ち込みます。
【タイプ5】 :"そうか、この人は私がプレゼントするとは思わなかったのか"と思い、"それなら無理にあげないでもよかったんだ"と冷静に受け止めます。どうせ相手にぴったりの物を選ぶ自信はないので、例え気に入らなくても、それは相手の問題だと思います。
【タイプ6】 :喜んでもらえない可能性も想定していたので、"やっぱりだめか"と思います。でも何だか自分自身が否定されているような気がして、相手の自分への愛情にも疑問を感じます。そんな気分から、また相手の愛情を実感できるようになるには、結構時間がかかるでしょう。
【タイプ7】 :まず、"なんで嬉しそうにしないんだ?"と思い、そんな気持ちを表情にも出すと思います。「趣味に合わなかった?」と率直に聞くかも知れません。はっきり自分の気持ちを言って欲しいと思います。でも好き嫌いは誰にでもあるので、そんなにがっかりはしません。次の時はもっと喜びそうな物をあげようと思います。
【タイプ8】 :"なんだその顔は!"と思い、「びっくりした?」と聞き、気に入ったかどうかを正します。曖昧な返事なら、いろいろなことを聞くかも知れません。強い調子で話しながら、心も結構激してきます。ただし相手がひと言、「嬉しい」と言えば、その感情を長く引きずることはないでしょう。
【タイプ9】 :相手の意外だという顔に特にショックは受けませんが、まだプレゼントはしない方がよかったかなという後悔はします。自分の判断力や趣味に自信がないので、喜んでもらえなかったとしてもしょうがないと思うでしょう。プレゼントについて相手が話せばその話をするし、話題が変われば別の話題に関心を向けるでしょう。